赤ちゃんが産まれると、色々な手続きが必要です。
二人目の時に備えて忘れないようにまとめておきます。

ちなみに、「出生届」「健康保険証の発行」「子ども医療助成制度」「子ども手当て」は市役所で一度に済ませました。

出生届

赤ちゃんが産まれた日から2週間(14日)以内に市(区)役所へ提出しなければなりません。(14日後が休日の場合は、休日の翌日まで)
一番最初の、大事な書類です。僕の場合は、産院で書類(出生届と出生証明書)を貰いました。
ママは産後で大変な時期なので、出来ればパパが役所に提出しに行ってあげると良いでしょう。

必要なもの

  • 出生届と出生証明書
  • 母子健康手帳
  • 身分証明書
  • 届出人(父または母)の印鑑(シャチハタ以外)

 

健康保険証の発行

国民健康保険の場合です。
市(区)役所での手続きになります。

必要なもの

  • ご自身の健康保険証
  • 母子手帳
  • 印鑑

国民健康保険以外の方は、加入している組合みよって変わりますが、会社勤めの方は会社で手続きして貰えると思います。

子ども医療費助成制度

これは、子供の医療費を各自治体で負担してくれるというもので、地域によって内容が違うみたいです。
僕の地域の場合ですが、義務教育就学前まではこの制度で発行してもらえる乳幼児等医療費受給者証を提示することで、自己負担無しで病院での診察が受けられます。
小学校に上がってからも、一部を負担して貰えるので非常に有難い制度です。

手続きに必要なものはあまり違いはないと思いますが、僕の場合で書いておきます。

  • 子供の被保険者証(保険証)
  • 印鑑

お住まいの地域によっては他にも書類等が必要な場合があるようです。
ご自身の自治体に確認されることをお勧めします。

児童手当(子ども手当て)の申請

児童手当も出来る限り早めに申請しておきましょう。
一部所得制限があります。児童手当について|厚生労働省

支給金額は、
0歳~3歳未満   ・・・月額15,000円
3歳~小学校修了前・・・月額10,000円(第1子・第2子)・月額15,000円(第3子以降)
中学生       ・・・月額10,000円

必要なもの

  • 請求者の通帳(普通口座)
  • 印鑑
  • 健康保険被保険者証(厚生年金、共済年金等加入者)
  • 請求者本人及び配偶者の課税(所得)証明書

ここまでは、ほぼ必須の手続きなので出来る限り早めに済ませることをお勧めします。
全て市役所で一度に済ませる事ができると思います。

出産育児一時金の申請

出産育児一時金は、個人で申請するケースがどのくらいなのかわかりませんが、僕の場合は産院で手続きしてもらい、出産費用から引いてもらいました。
金額も42万円と非常に大きいため、もしも個人で申請が必要な場合に備えて、簡単に調べてみました。

申請期間は産後2年までの間。
申請先は国民健康保険の場合は、市(区)役所窓口・それ以外は会社の窓口など。

必要なもの

  • 届出人の印鑑
  • 健康保険証
  • 出生を証明する書類
  • 出産育児一時金の請求書
  • 請求内容と同じ領収証か明細書の写し
  • 医療機関等との合意書

とのことです。
もしもの時に参考になればと思います。

印鑑作成

何だかんだでまだまだ印鑑社会です。
子供の銀行口座を開設するために必要になってくると思いますので、忘れないうちにネットで注文しました。
実印と銀行印で使える2つセットのものにしました。

銀行・郵便局口座開設

印鑑が出来たら、次は子供の銀行や郵便局の口座を作りに行きました。
とりあえず、ゆうちょ銀行とUFJですが、他にも作っておいた方が良いのか考え中です。
子供用の口座と言うと、どちらも学資保険の勧誘がセットになってきます(笑)

必要なもの

  • ご自身の本人確認書類(免許証・健康保険証など)
  • 子供の本人確認書類(健康保険証など)
  • 子供の口座用の印鑑
  • 初回入金用のお金(いくらでも)

ちなみに、学資保険は未加入で、これから検討します。
知人から色々聞いたり、保険のセールスをしている友人から正直な意見を聞く予定なので、その時にはまたこちらでも情報共有できればと思っています。

人によってはこれ以外にも必要な事があるかと思いますが、僕の場合の最低限必要な手続きは以上でした。
二人目の時の為にも記録しておきます。また、これから出産を控えている方や出産直後の方の参考になればと思います。


もし、この記事がお役に立てたら是非応援してください! 次も頑張って更新します!
にほんブログ村 子育てブログへ