これは意外と見落としている人も多いようなので、情報共有のためにも。
赤ちゃんの急な病気、病院に連れて行くべきかどうか判断に迷う時って多くないですか?特に夜中とか…。
そんな時、気軽に相談に小児科の先生や看護師さんが乗ってくれるシステムがあるんです。

それが、厚生労働省の小児救急医療電話相談です。

利用方法は至って簡単。#8000に電話するだけで、各都道府県の相談窓口に繋がり、小児科の先生や看護師さんに相談が出来ます。

ただ、都道府県によっては深夜に実施していないところがあるので、念のために前もって調べておいた方が良さそうです。
小児救急医療電話相談事業(#8000)について:厚生労働省

深夜に実施していないところはどうするのか?ということになりますが、各地域に夜間もやっている救急センターのようなところがあるはずなので、そこの電話番号もしっかりメモしておきましょう。こちらでも大抵電話相談を受け付けてくれます。
もちろん、38℃以上熱が出ていたり咳がひどかったりと、明らかにしんどそうな場合は電話した上ですぐに連れて行ってあげましょう。

とにかく、いざという時にパパやママが慌ててしまっては赤ちゃんが可哀想です。
緊急の連絡先はしっかりと把握しておいて、何かあっても慌てずに落ち着いて対処してあげましょうね!(自戒)


もし、この記事がお役に立てたら是非応援してください! 次も頑張って更新します!
にほんブログ村 子育てブログへ