一週間ぶりにうんちが出たという投稿をしたところなので、その間に調べた便秘解消法をまとめておきたいと思います。
うちの子(3ヶ月)には効果が無かったものもありますが、せっかく調べて試したので今後のためにも。

赤ちゃんの便秘の原因

赤ちゃんが便秘になる原因は色々あるようです。
調べてみていくつかわかったこと。

おっぱいが足りていない
これは、単純におっぱいを飲む量が少なく、うんちが出ないということです。
ミルクだと飲んだ量がはっきりわかるのですが、おっぱいだとどのくらい出ているか、どのくらい飲んだかわかり辛いですよね。
原因としてはしっくりきます。
しっかり吸収していて体重が増えていれば多少出なくても大丈夫だそうですが、体重も増えないようであれば全く足りていない、ということみたいですので要注意。
水分不足
これは上のおっぱいと似ているのですが、水分が足りないとうんちが固くなります。
うんちを出そうとしたときに固いと、お尻が痛いのでうんちを出すのが嫌になって便秘になる、というパターンもあるそうです。
大人以上にデリケートな赤ちゃんならではですね。
運動不足
大人と同じで、運動不足による便秘もあるようです。
足を動かしてあげたりしてあげると良いそうです。
腸の発達
だいたい2ヶ月頃から赤ちゃんの腸が発達することによる一時的な便秘があるようです。
この場合の赤ちゃんはいつも通りで機嫌もよく、食欲もあるみたいです。
今考えると少し遅めだけど、うちの子はこれだったのかなぁと思います。

と、ざっと調べただけでもこれだけありました。
たぶん、この他にも様々な要因はあるのだと思います。

赤ちゃんの便秘解消方法

便秘の解消方法も色々ありました。
手軽に試してあげられる順に挙げていきます。

のの字マッサージ
大人でもよくやる、アレです。
お腹を「のの字」を書くように撫でてあげます。
手は温めておくのが良いと思います。
かなりポピュラーな方法だと思うのですが、やり方が悪かったのか、うちの子には効きませんでした(汗)
でも、これで解消したという人が沢山いるみたいなので、昔ながらの良い方法だと思います。
足を少しお腹の方に持ち上げてあげるのも効果的だとか。
何といってもお手軽!
体操
先ほどの「運動不足」の対策でもあります。
自転車を漕ぐように、両足をバタバタさせてあげたり、足を交差するように片足を反対側に軽く持っていったり(腰が少しひねるような感じで)してあげます。
これも皆さん割と効果あったようです。
残念ながらうちの子には(略
砂糖水を飲ませる
これも昔から伝わる便秘解消法らしいです。
腸内の刺激と改善といったところでしょうか。
赤ちゃんに与える砂糖の量は5%(お白湯20mlあたり砂糖1g)。
これは、お風呂上りの水分補給の時に調べたものと同じです。
うちの子は飲んでくれませんでした…(泣)
綿棒浣腸
くせになる可能性があるので、程々にとのことです。
綿棒は赤ちゃん用だと細すぎるので、大人用にベビーオイルなどを付けたものがベストだそうです。
綿棒の先を肛門にゆっくり入れてあげて、更にゆっくり刺激してあげる感じです。
長時間は止めた方が良いと思います。
ちなみに3ヶ月のわが子は、綿棒の先の丸いところがほとんど入るくらいで5分くらいだけやりました。
お尻を傷つけないように慎重にゆっくりしてあげると、少し効果あり。
少しというのは、少し出たけどちゃんと出なかったということです。
結局少しだけ出して、ちゃんと出たのは翌日に自然とでした(笑)
もしかしたら、その少しが良かったのかも?
とにかく、やり過ぎないようにというのと、赤ちゃんが苦しそうならすぐに止めてあげましょう。
マルツエキス
これは我が家ではまだ試していません。
ネットで調べると良く出てきます。お医者さんも便秘の赤ちゃんや子供に処方するのだそう。
たまたま、友人に便秘の話をすると、なんと友人の子供はこれを試したそうです。
結果、うんちが柔らかくなってお通じは実際に良くなったとのこと。
劇的に良くなったわけではないそうですが、改善されたみたいです。
綿棒で浣腸するよりは安全なので、もしもまた便秘になることがあれば試してみます。
【第3類医薬品】和光堂 マルツエキス・ステイツク 9g×12
浣腸
これは、自分でやらず小児科でやってもらった方が良いです。
今回は本当にあと一日出なかったら小児科へ行こうと思っていました。
実は、うちの子は産まれて1ヶ月にならない頃に吐き戻しが多くて、小児科へ初めて行った時に浣腸をしてもらった経験があります。
その時は便秘ではありませんでしたが、大量に(笑)出たので、恐らくこれが最も確実な手段だと思っています。
けれど、浣腸は赤ちゃんもしんどいだろうし、今は機嫌も悪くないので出来るだけ自然に出してあげたい、ということで一週間待っていました。
もしも便秘で苦しそうだったら、すぐにでも小児科での浣腸も考えてあげてはいかがでしょうか?

便秘のときに気をつけること

とにかく、何度も書きますが調べていて一番出てきたのは「赤ちゃんの様子をしっかり見てあげよう」この一点です。
機嫌が良く、普段通りであれば、便秘というよりはその子のペースだと考えて良いみたいです。
それに、いきむ度に出ないのはある程度仕方ないと思います。
とにかく、

  • 苦しそうにしていないか
  • 機嫌が悪くないか
  • 睡眠やおっぱいでもないのにいつも以上に大泣きしていないか。

この辺りのサインはしっかりと見逃さないようにしてあげましょう。
そして、気になったらすぐに小児科か病院へ!
特に、小児科の先生はどんな些細なことでも丁寧に対応してくれます。
最終兵器の浣腸もありますよ!


もし、この記事がお役に立てたら是非応援してください! 次も頑張って更新します!
にほんブログ村 子育てブログへ