安産祈願

ママが妊娠5ヶ月に入ってすぐの戌の日に、安産祈願に行きました。
関西在住なので、子授祈願・安産祈願で有名な「中山寺」という兵庫県のお寺です。
戌の日に都合がつかない方も大勢いらっしゃるので、別の日でも特に問題はないらしいですよ。
僕は仕事の休みが取れたので、戌の日にしましたが、平日にも関わらず人が多い多い(笑)

ご祈祷料を納めたら腹帯とお守りを頂きます。
ご祈祷していただいたお札は数日後に家に送って頂けます。

お礼参り

赤ちゃんが無事産まれたら、次はお礼参りです。
産まれてすぐはママも安静にしないといけないし、赤ちゃんも見ないといけないので一ヶ月してからでも充分だと思います。
我が家は、お宮参りと一緒にお礼参りをしてきました。

腹帯・お守り・お札を納めるのと、次の人の安産のために新しい腹帯を持っていきましょう。
ちなみに、僕は新しい腹帯を忘れてしまったのですが、向こうでお納め料+500円で用意してもらえました。

お宮参りについては、また別の機会に書きたいと思っています。

↑書きました!

中山寺の腹帯の干支

余談ですが、中山寺の安産祈願で頂いた腹帯には、干支と性別が書いてあります。
けれど、僕達が頂いた腹帯に書かれていたのは「辰年 男」(去年の干支)でした。
いったい何なのだろう?と思って調べてみると、これは前に安産だった人がお礼参りで新しく納めた腹帯なんだそうです。
つまり、この腹帯を納めた人は辰年に男の子を産んだということだったのです。
だから、今年僕達がお礼参りで納めた新しい腹帯には、「巳年 男」と書かれて、次の安産祈願に来た人に渡されるんです。
そうやって、次に繋がれていくんだなぁと、感心しました。


もし、この記事がお役に立てたら是非応援してください! 次も頑張って更新します!
にほんブログ村 子育てブログへ